配信元:@Press

京阪ステイズ株式会社 (本社:京都市下京区 代表取締役社長:井上 貴史) が運営する女性専用宿泊施設CAFETEL(カフェテル)京都三条 for Ladiesでは、2022年6月4日(土)から9月24日(土)までの期間、毎週土曜日に「CANDLE NIGHT」 を実施いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/311817/img_311817_1.png
限りある地球資源を大切にするために、CAFETELではご宿泊者様限定で20時以降、毎週土曜日1階カフェスペースの電気を消してキャンドルを灯します。キャンドルの温かい光を見ながらゆっくりお友達と語り合いませんか。カフェスペースは持ち込み自由です。ご飯を食べるもよし、お酒を飲むもよし。もちろん、キャンドルと一緒に写真を撮るのもお忘れなく。楽しみながら、環境に優しい夜を過ごしませんか。みなさまのご参加をお待ちしております。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/311817/img_311817_2.jpeg
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/311817/img_311817_3.jpg
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/311817/img_311817_4.jpg


◆キャンドルナイト 概要◆
開催場所:CAFETEL 京都三条 for Ladies(女性専用)1階カフェスペース
日 時:6月4日(土)~9月24日(土) 毎週土曜日 20:00~22:00
※変更する場合もございますので、実施有無はお電話(075-533-8500)でご確認ください。
注意事項:キャンドルの周りで激しい動きはしないでください。
キャンドルを別の場所に移動させたり、急に動かしたりしないでください。
万が一キャンドルが倒れた場合、速やかにスタッフにお知らせください。
倒れたキャンドルには触らないでください。


■CAFETEL(カフェテル) 京都三条■
京阪電車三条駅直結の CAFE と HOSTEL が融合した「CAFETEL 京都三条 for Ladies」。グランピングをイメージした客室は、女子トークが盛り上がる空間デザイン及び美容家電やオリジナルメニューなど、「女子旅をデザインする」をコンセプトに、京都三条から女子旅を Happy にする仕掛けが多数。
CAFETELに訪れる女子旅3人組をイメージしたキャラクター「三嬢さん」は、見た目や年齢、国籍にとらわれずに自分らしく人生を楽しんでいる女子達のこと。ひとりでも生き生きしている女子は、3人集まればさらにパワーアップ。CAFETELでは、そんな「三嬢さん」たちの豊かな旅を応援します。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/311817/img_311817_5.jpg
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/311817/img_311817_6.jpg
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/311817/img_311817_7.jpg


SDGsを実現するライフスタイルを提案する
京阪グループの「BIOSTYLE PROJECT」について
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/311817/img_311817_8.png

健康的で美しく、クオリティの高い生活を実現しながら、SDGsの達成にも貢献していく。京阪グループでは、そんな循環型社会に寄与するライフスタイルを「BIOSTYLE(ビオスタイル)」として展開し、お客さまにご提案しています。
規制や我慢だけから生まれる活動ではなく、“人にも地球にもいいものごとを、毎日の生活の中に、楽しく、無理なく、取り入れていくことができる明るい循環型社会の実現”に貢献するため、京阪グループにできうる様々な活動を推進していきます。
■ 「BIOSTYLE PROJECT」について詳しくはこちら
https://www.keihan-holdings.co.jp/business/biostyle/



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。