配信元:@Press

ラナ エンタテインメント株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役:鈴見 純孝)は、リアルなモータースポーツの世界で活躍するレーシングチーム「エヴァンゲリオンレーシング」のレーシングマシン「エヴァRT初号機 Z34」のトミカを2022年6月30日(木)11時から予約販売を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/315440/LL_img_315440_1.jpg
トミカ「エヴァRT初号機 Z34」_1

■トミカ「エヴァRT初号機 Z34」
エヴァレーシングと大人気ロングセラーブランド「トミカ」とのコラボ商品第二弾!
国内のレースに出場するエヴァレーシングのイメージをトミカに落とし込んだ「エヴァRT初号機 Z34」モデル。
実際にレースに参戦したマシンを彷彿とさせる細かなディティールに拘った完成度の高いつくりになっています。
トミカ本来の軽く押すだけで良く走る走行性能は遊び盛りのお子様にはもちろん、
大人のコレクター心も擽る完成度となっています。
(C) カラー (C) TOMY 「トミカ」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/315440/LL_img_315440_2.jpg
トミカ「エヴァRT初号機 Z34」_2
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/315440/LL_img_315440_3.jpg
トミカ「エヴァRT初号機 Z34」_3
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/315440/LL_img_315440_4.jpg
トミカ「エヴァRT初号機 Z34_4
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/315440/LL_img_315440_5.jpg
トミカ「エヴァRT初号機 Z34」_5
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/315440/LL_img_315440_6.jpg
トミカ「エヴァRT初号機 Z34」_6
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/315440/LL_img_315440_7.jpg
トミカ「エヴァRT初号機 Z34」_7

【商品概要】
価格 :1,000円(税込)
材質 :亜鉛合金、ABS、MABS
対象年齢:3才以上
製造元 :株式会社タカラトミーアーツ
発売元 :ラナ エンタテインメント株式会社
※お届けは9月下旬を予定しております。

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/315440/LL_img_315440_8.jpg
トミカ「エヴァRT初号機 Z34」_8

■取扱い店舗
・サポルト: https://supporto.click/
・EVANGELION STORE Yahoo!店: https://store.shopping.yahoo.co.jp/evastore/
※随時、販売開始予定


●サポルト
「サポルト」でトミカをお買い求めいただくと、売上の一部がエヴァンゲリオンレーシングの活動資金に繋がります。
サポルトは、ラナ エンタテインメント株式会社が運営するモノやコトの販売を通じて資金調達とファンづくりを目的とした、応援・通販プラットフォームです。サポルトでは、サポーター(お客様)がプロジェクトオーナー(実行者)の出品する 商品を購入するだけで、その売上の一部がプロジェクトの活動資金として活かされます。通常の商品購入だけではない、プロジェクトと共に夢、熱狂、歓びを共に分かち合う 応援スタイルを実現いたします。このような資金調達とファンづくりを支援するサービスにより、サポーターとプロジェクトオーナーのニーズに応えてマッチングさせることが、サポルトの役割・特徴です。
サポルト: https://www.supporto.click/


●トミカ
1970年、日本初の手のひらサイズの国産ダイキャストミニカーシリーズとして発売された「トミカ」(発売元: 株式会社タカラトミー)は、2020年に発売50周年を迎えました。外国製のミニカーが全盛だった当時、「日本の子どもたちに、もっと身近な国産車のミニカーで遊んでもらいたい」という熱い想いのもと誕生。今では親子3世代にわたって愛されています。
トミカ商品情報: https://www.takaratomy.co.jp/products/tomica/


●エヴァンゲリオン レーシング
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズ』とのプロモーションタイアップにより誕生したレーシングチーム。2010年に発足し、SUPER GTや鈴鹿8時間耐久ロードレースなど人気モータースポーツの世界でリアルに闘ってきた。レーシングマシンは、劇中に登場する初号機の紫と緑のカラーリング施し注目を集める。また、レースに華を添えるレースクイーンは、人気キャラクターのレイ・アスカ・マリをモデルとし人気を誇っている。
エヴァンゲリオンレーシング 公式HP: https://evaracing.themedia.jp/


●ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズ
1995年に放送されたTVシリーズの大ヒットを経て、2007年から始まった映画新シリーズ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』として復活。2007年9月1日公開の第1作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」は新たな若いファン層にも熱狂的に迎えられた。シリーズ第2作の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は2009年6月27日に公開され、興業収入40億円、動員数300万人。シリーズ第3作の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」は2012年11月17日に公開され、興業収入52億円、動員数380万人を超えた超弩級アニメーション作品シリーズ。完結作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、2021年3月8日より劇場公開し、興行収入102.8億円の2021年日本映画興行収入1位を記録した。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版シリーズ 公式サイト: http://www.evangelion.co.jp/


●ラナ エンタテインメント株式会社
ラナ エンタテインメント株式会社は、1994年からモータースポーツのプロデュース活動を行い、ウルトラマンレーシングチームをはじめ、阪神タイガースレーシングチームやDisney/Pixarの人気アニメーション作品、トイストーリーやカーズといったキャラクターをモチーフにモータースポーツとのプロモーションタイアップを実現し、多くの注目を集めてきた。 2010年より『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とプロモーションタイアップしたレーシングチーム「エヴァンゲリオンレーシング」を結成し活動を続けている。
ラナ エンタテインメント株式会社: https://www.runa-ent.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。