配信元:@Press

アルファタウリは、先日開催された第102回目を迎えたピッティ・ウオモで2023年春夏コレクションを発表しました。今後さらに世界展開を加速させていきます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_1.jpeg
アルファタウリ ピッティーウオモ ブース

■新たに拡充されたコレクションと世界展開の強化
自在にその姿を変えるブランド体験スペース「モバイル・イノベーション・ラボ」とその周辺のラウンジエリアで構成される100m2超の空間を駆使し、いつものように機能的ディテールとイノベーションをフィーチャーした2023年春夏新作コレクションをお披露目。数多くの革新性に彩られた上品なコレクションがフィレンツェを訪れる入場者を迎えました。2022年秋冬と比べておよそ2倍の規模を誇る新作コレクションにより、スタイル、コンビネーションの可能性、そしてシーズンをまたいだ着こなしをより多く提案。ニット作品の数も20%増え、3Dニットのコレクションもこれまでとは異なる品質のものを取り揃えました。
パフォーマンスヤーンも従来のベーシックなものに加えて、キャッシュミックス、プリマロフト、テンセル混紡などを用意。アクセサリーには今回初めてアップルレザーを使用。「サフィアーノ構造」の再生素材を利用したアップルレザーは動物由来のレザーに代わるヴィーガン志向のアイテムです。2023年春夏コレクションは2回のデリバリーで提供します。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_2.jpeg
アルファタウリ ピッティーウオモ会場内ディスプレー1

アルファタウリCEO アーメット・メルカンは次のように述べています。「これまで順調にコレクションを発表し続け、好意的な反応も数多く受け取ってきました。革新的なアウターウエアや3Dニットにおけるブランドの強みが確認できたので、これらをトータルルックとして提案しています。国内外のビジネスパートナーの間でも好評を博しており、実に喜ばしい限りです」

ドイツ語圏に加え、2022年秋冬コレクション以降はその他多くの欧州諸国でも事業を展開しています。2023年春夏コレクションから新たに追加された市場は統合され、欧州内外のネットワークも拡充。2022年後半には、ロンドンでブランド初となる旗艦店もナイツブリッジ地区にオープンします。自社サイト alphatauri.com や主要なパートナーの販路などを通じたオンライン事業にも注力しています。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_3.jpeg
アルファタウリ ピッティーウオモ会場内ディスプレー2
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_4.jpeg
アルファタウリ ピッティーウオモ会場内ディスプレー3

■アルファタウリ2023年春夏コレクションについて
「プライベートアイランド」。アルファタウリ2023年春夏コレクションは、ささやかで無邪気な現実逃避を味わいたい方をプライベートアイランド(=個人所有の島)の旅へと誘います。今シーズンならではの特色は日差しをたっぷりと浴びたような鮮やかなカラーパレットで表現。フラミンゴピンク、スカイダイバーブルー、マンゴー、フリントビーチにアルファタウリネイビーが加わり、夏の逃避体験を幸福感へと昇華させます。
コレクション全体にトロピカルプリントを配し、サンゴの形やモチーフからインスピレーションを得た自然のディテールを強調。アルファタウリならではの3Dニット技術で作られたニット作品と特製パフォーマンスヤーンが、オーガニックなタッチをもたらし、ストラクチャードのシルエットとクリーンカットなラインが超モダンな印象を加味。アウターウエアとミッドレイヤーには通気性に優れた3層のメンブレンであるタウロブラン(R)を使い、革新的な機能性と防水性を確保しています。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_5.jpg
2023春夏コレクション メンズ
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_6.jpg
2023春夏コレクション ウィメンズ

■ドイツテレコムとミラノデザインウィーク2022でインスタレーションを発表:
またアルファタウリはPITTI UOMO開催前の6月7日から13日に初めてミラノデザインウィークに参加しました。コラボレーションパートナーのドイツテレコムと共同で制作した没入型の「クロノサチュレーション」のインスタレーションを、ミラノ大学の「コルティーレドノーレ(名誉の中庭)」で開催されるインテルニの「デザイン・リジェネレーション」の一部として発表。両社の共同開発によって生まれた、温めて着られるスマートなファッションアイテムを集めたヒータブルカプセルコレクション(HCC)からインスピレーションを得たものです。

クロノサチュレーションはウォークイン方式のインスタレーション。赤と青の2色に彩られた小部屋で構成され、単色のみで彩られた環境で入場者が没入感を体験するという趣向です。多彩な色を同時に眺めることに慣れた網膜にとっては、極めて稀な体験となるでしょう。様々な関連性を想起させることも意図しており、例えば色彩に実体や立体感のような要素を付加したり、温かみや冷たさといった物理的な感触を演出したりもできます。

テーマの背景を成すのは、アルファタウリとドイツテレコムによって共同開発されたヒータブルカプセルコレクション。このスマートなファッションアイテムは、温めて着ることができるメンズとウィメンズのトレンチコートやユニセックスなコミュータージャケットなどで構成されています。ヒータブルカプセルコレクション2.0(HCC 2.0)の製品は、特定の部分がプッシュボタンやスマホアプリで温めたり温度を調節できるようになっており、最新バージョンはアップルウォッチにも対応。ファッションとイノベーションの融合により、どれだけスタイリッシュかつコンテンポラリーな作品を生み出すことができるかを実証した仕上がりとなっています。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_7.jpeg
アルファタウリ ミラノサローネ インスタレーション会場内観1
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_8.jpeg
アルファタウリ ミラノサローネ インスタレーション会場内観2
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_9.jpeg
アルファタウリ ミラノサローネ インスタレーション会場外観
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_10.jpeg
アルファタウリ ミラノサローネ インスタレーション会場内ディスプレー
画像11: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_11.jpeg
アルファタウリ ヒータブルカプセルコレクション1
画像12: https://www.atpress.ne.jp/releases/311096/LL_img_311096_12.jpeg
アルファタウリ ヒータブルカプセルコレクション2

■アルファタウリ(AlphaTauri)について
アルファタウリはレッドブルが手掛けるプレミアムファッションブランドで、2016年の誕生以来、ファッション業界に新たな方向性を確立するための模索を継続。デザインや最高級素材にテキスタイルのイノベーションを組み合わせて提供しています。最新技術の開発に際しては、世界中の著名なエキスパートたちとのコラボレーションを実践。
アルファタウリのコレクションはオーストリアのザルツブルク、グラーツ、ウィーンの直営ストアに加え、ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア、トルコ、カタールの厳選された販売店やウェブサイト( alphatauri.com: https://alphatauri.com/ja-jp/ )でも購入できます。
@alphatauri #fitsbodyandmind

Instagram: https://www.instagram.com/alphatauri/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。