配信元:@Press

サントリー酒類株式会社(代表取締役社長:山田賢治)※1と株式会社エキ・リテール・サービス阪急阪神(代表取締役社長:青木眞治)とは、阪急大阪梅田駅1階中央WEST広場にて「翠ジンソーダSTAND(スタンド)」を2022年7月6日(水)から9月7日(水)まで期間限定でオープンします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/315519/img_315519_1.jpg
サントリージャパニーズジン「翠(SUI)」は、柚子・緑茶・生姜という3種の和素材を使用した、爽やかな味わいが特長のジンです。「翠(SUI)」をソーダで割って楽しむ「翠ジンソーダ」は、日常の食事との相性がよく、飲食店でもご家庭でも大変好評をいただいています。
当スタンドは、「翠ジンソーダ」の魅力を気軽に体感していただける立ち飲みスタイルのショップです。定番のシンプルなソーダ割のほか、大葉や生姜などを添えたバリエーションメニューもお楽しみいただけます。また、「翠ジンソーダ」と相性抜群のフードメニューもご用意しています。
お仕事帰りやお出かけの際に気軽にお立ち寄りいただき、暑い夏にもぴったりな、爽やかな「翠ジンソーダ」をお楽しみください。

※1 サントリー酒類株式会社は、組織変更により2022年7月1日にサントリー株式会社(代表取締役社長:鳥井信宏)に変わります。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/315519/img_315519_2.jpg
<主なドリンクメニュー>
・翠ジンソーダ 350円
・翠ジンソーダ<生姜、柚子、浅搾りレモン、ちぎり大葉> 各種 400円
・翠ジン緑茶割り 400円
・ソフトドリンク各種 250円※すべてプラカップでの提供となります。

<主なフードメニュー>
・とりあえず枝豆 300円
・ポテサラカナッペ 300円
・いわしの生姜煮 300円
・焼鳥 300円
・ビーフメンチカツ 300円
・鶏のから揚げ 300円
・焼き餃子 300円

<平日限定のお得なサービス>
●「ハッピーアワーセット」メニュー(平日16:00~19:00)
・翠ジンソーダ+ビーフメンチカツセット
・翠ジンソーダ+おすすめおつまみ1品セット 各セット 600円
●デジタルスロットチャレンジ(平日16:00~21:30)
次回から使える「翠ジンソーダ1杯(350円)無料券」などが当たるスロットゲームにチャレンジしていただきます。
※「翠ジンソーダ」各種をご注文の方おひとり様1回限り

<その他の主なサービス>
「翠ジンソーダ」各種1杯ご注文につき1ポイントを進呈、10ポイントで1杯(350円)無料券がもらえる「翠ジンソーダSTANDポイントカード」や、水曜日限定で先着200名様 に「翠ジンソーダ缶(350m)」を1缶プレゼント(※)するお得なサービスなどをご用意しています。
※「翠ジンソーダ」各種をご注文の方おひとり様1回限り

■ イベント情報
<イベント名称> 翠ジンソーダSTAND(スタンド)
<開催場所> 阪急大阪梅田駅1階中央WEST広場
<開催期間> 2022年7月6日(水)~2022年9月7日(水)
<開催時間>
平日16:00~22:00 土曜12:00~22:00
日曜・祝日 12:00~21:00
※L.O.は閉店30分前
<電話番号>
090-6051-3575(開催時間内)※7月6日(水)より開通

※会場パース図はイメージです。
※価格はすべて税込です。
※記載情報は発表日現在のものです。予告なしに変更することがありますがご了承ください。
※新型コロナウイルス感染予防対策として、消毒や従業員の体調管理・ウイルス除菌等を行い、お客様同士のソーシャルディスタンスを保てるよう工夫しています。お客様ならびに従業員の健康と安全を確保しつつ、安心してお食事をお楽しみいただけるよう営業します。


株式会社エキ・リテール・サービス阪急阪神 http://ers.hankyu-hanshin.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/79d305c47d8256058368d873f765d1fb19b3ecba.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。