配信元:@Press

モンブラン初となるダイバーズウォッチ「モンブラン 1858 アイスシー オートマティック デイト」(税込価格¥387,200)をお買い上げのお客様にラバーストラップ(ブルーまたはブラック)をプレゼントいたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/313742/LL_img_313742_1.jpg
画像1

モンブラン初となるダイバーズウォッチ「モンブラン 1858 アイスシー オートマティック デイト」は単なるスポーツウォッチではありません。ISO 6425 規格に準拠した認定ダイバーズウォッチです。南洋ではなく、モンブラン山の氷河や極地の氷山などに想を得ており、氷を思わせる独特のパターンが奥行きのある涼し気な美しさを醸し出しています。また、この新作ウォッチは、自分で簡単にストラップの取り外しができる機構を採用しています。ステンレススティールブレスレットのビジネスにふさわしいオンスタイルから、ラバーストラップの冒険心に満ちたオフスタイルへ、スムースにチェンジしてお楽しみいただけます。谷中 敦さん(東京スカパラダイスオーケストラ)が、早速ストラップの付け替えにトライ。
AERA STYLE MAGAZINEとのコラボレーションで、ふたつの表情を持つ時計をふたつのクールな着こなしで魅せます。

また、モンブランでは、こちらの「モンブラン 1858 アイスシー オートマティック デイト」をお買い上げのお客様に、ラバーストラップをプレゼントいたします。

【期間】2022年6月25日(土)~ストラップがなくなり次第終了

【対象店舗】モンブラン銀座本店、銀座三越、阪急メンズ東京、日本橋三越本店、伊勢丹新宿店 メンズ館、高島屋新宿店、西武池袋本店、そごう横浜店、松坂屋名古屋店、ジェイアール名古屋タカシマヤ、阪急メンズ大阪、高島屋大阪店、岩田屋本店、大丸札幌店、モンブラン公式オンラインブティック、その他モンブランウォッチブティック
※対象店舗についてはモンブラン コンタクトセンター 0800-333-0102 へお問い合わせください。


【お問い合わせ】
モンブラン コンタクトセンター
TEL:0800-333-0102
【キャンペーン詳細】https://bit.ly/3Qp8vDh


■モンブランについて
優れたクラフツマンシップとデザインの代名詞であるモンブランは、1906年に創業し、瞬く間に筆記文化に革命をもたらして以来、その革新性の境界線を押し広げて来ました。創意工夫とイマジネーションを原動力として、ラグジュアリーな筆記具や時計をはじめ、レザーグッズ、ニューテクノロジーやアクセサリーに至るまで、いずれのカテゴリーにおいても優れたクラフツマンシップの表現を進歩させています。大胆なアイデアとアルチザンのスキルから生み出されるラグジュアリーな“ビジネスライフスタイルパートナー”を作るという、果てしない使命を反映したモンブランの白い星形のエンブレムは、パフォーマンス、品質、洗練されたスタイルの象徴となっています。
世界に足跡(そくせき)を残そうとする人々をサポートするという継続的な取り組みの一環として、モンブランは世界中の教育プログラムへの協賛と、人々に潜在能力を最大限に発揮させることを目的としたイニシアチブを継続的に実施しています。


■モンブラン-1858年創業の真の時計ブランド
モンブランの時計製造は、スイスのジュラ山脈にあるル・ロックルとヴィルレを拠点とし、2つのマニュファクチュールがひとつになったユニークな組織によって築かれてきました。モンブランの時計製造の歴史は、サンティミエール渓谷に、シャルル=イヴァン・ロベールが時計工房を設立した1858年に始まりました。これが、歴史的なミネルバの時代の始まりとなりました。19世紀の終わりにはすでに、リューズで巻き上げられるポケットウォッチが評判になりつつありました。ミネルバ マニュファクチュールの全盛期には、高精度かつ短い時間の単位で計測するプロフェッショナルウォッチ(ストップウォッチとクロノグラフ)をリードする20世紀の専門家集団の一つに認められるようになりました。
現在、モンブランのタイムピースは、モンブラン スターレガシー、モンブラン 1858、モンブラン タイムウォーカー、モンブラン ヘリテイジという高級腕時計を探求する4つのプロダクトラインにおいて、ミネルバの160年を超える伝統の旅を続けています。すべての製品が、デザインやスタイル、技術革新を通して過去と現在を結んでいます。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。