配信元:@Press

「本のヒーロー ダクシオン」の運営を行うダクシオンプロジェクト(所在地:宮城県栗原市、代表:二階堂 真悟)は、ヒーローが出演する図書館マナー動画制作のため、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」にて、『ヒーローが出演する図書館マナー動画で読書の楽しさと子どもたちの可能性を広げたい!』プロジェクトを2022年6月29日(水)23:59まで実施いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/315639/LL_img_315639_1.png
クラファンバナー

クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」
https://camp-fire.jp/projects/view/579965


■実施背景
OECD生徒の学習到達度調査 2018年調査国際結果の要約によれば「子ども達の読解力が低下している」と報告されています。
読解力や国語力は、対面・文章問わず、コミュニケーション力に直結するものです。

また、先程あげた調査では、読解力を「自らの目標を達成し、自らの知識と可能性を発達させ、効果的に社会に参加するために、書かれたテキストを理解し、利用し、熟考する能力」と定義しています」
ゆえに、予測不能な未来を生きる子ども達には必須の力であると考えます。

しかし、前述の通り、全体で見ると読解力は低下しています。

そこで、今回のプロジェクトです。

参照にある、2018年に行われた「OECD生徒の学習到達度調査」によれば、読解力が平均より高い生徒達は、読書が好きで、月に数回以上、本を読むと回答しています。

つまり、読解力を養うには、小さい頃から読書習慣があれば良いのです。

そうなれば、ダクシオンの目的の1つでもある「子ども達が、読書習慣を身につける」と合致!
「これは、やる意味がある!」と、メンバー一同士気が高まったものの、壁となるのが予算です。

新型コロナの影響により、イベントは激減。現状、活動費から制作費を捻出するのは困難です。

そのため、皆さんのお力を借りたくクラウドファンディングで挑戦することにした次第です。


※参照
・OECD生徒の学習到達度調査 2018年調査国際結果の要約
https://www.nier.go.jp/kokusai/pisa/pdf/2018/03_result.pdf


■特徴
*作成した動画はYouTubeにアップし、無料で利用できる仕様に

*司書さん達の心的ストレスを軽減
以前が行ったアンケート※「ダクシオンによる“図書館マナー動画集”」が、必要だと回答した方からの声

「大声を出してしまうお子さんに対して、マナーのことで注意すると『図書館に窮屈なイメージを与えてしまうのでは?』と心配してしまう気持ちがあります」

こういった方々の代わりにヒーローがマナーを伝えることで、窮屈なイメージを与えず図書館に通ってもらえるようになります。

※アンケート結果 「とても必要」「必要だと感じる」の合計96.4%
「必要性を感じない」「全く必要性を感じない」の合計3.6%


■リターンについて
4,000円 :図書館マナー動画DVD
50,000円 :イベントにダクシオン登場権
100,000円:スペシャル企業スポンサー


■プロジェクト概要
プロジェクト名: ヒーローが出演する図書館マナー動画で
読書の楽しさと子どもたちの可能性を広げたい!
期間 : 2022年5月26日(木)~6月29日(水)23:59
URL : https://camp-fire.jp/projects/view/579965


■会社概要
団体名 : ダクシオンプロジェクト
代表者 : 二階堂 真悟
所在地 : 〒989-5502 宮城県栗原市若柳字川南道伝前186-2
設立 : 2015年11月
事業内容: 本のヒーロー ダクシオンを用いた読書文化普及活動
(図書館・商業施設・幼稚園・保育所・公民館等での
ヒーローショーやイベント)
URL : https://ducsion.net


【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
ダクシオンプロジェクト
TEL:090-1066-8164
お問い合せフォーム: https://ducsion.net/contact/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。