配信元:@Press

安全・作業用品の総合メーカーで、PUMA SAFETY日本総代理店の株式会社ユニワールド(所在地:和歌山県有田市、代表取締役:江川 真史)は、PUMA SAFETYの最新シリーズ「HERITAGE(ヘリテイジ)」を、2022年8月20日より作業用品店・ホームセンター・ネットショップなどで販売いたします。

PUMA SAFETY公式Twitter: https://twitter.com/pumasafety_jp

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/314632/LL_img_314632_1.jpg
「ヘリテイジ」シリーズ

■PUMA SAFETYについて
PUMAのセーフティシューズライン“PUMA SAFETY”は、建設現場や工場などでの作業でしっかりと足を守る安全性に、スポーツブランドならではのテクノロジーを搭載した快適な履き心地が特徴です。


■「ヘリテイジ」シリーズについて
「ヘリテイジ」は、これまでのスポーツテイストのセーフティシューズとは一線を画した、スエード調のカジュアルなデザインが特徴となっております。スタイルを選ばないデザインは、建設現場や工場はもちろん、アウトドアやDIYなどのシーンにもマッチします。
カラーは全7色で、ブラックやグレーといったウエアと合わせやすい定番カラーから、キャメル、ブルー、グリーンといった鮮やかな色もラインナップしており、足元をポップに彩ります。
サイズは25.0cm~28.0cmをベースに、ブラック、グレー、ネイビー、キャメルの4色については23.0cm~30.0cmとよりワイドなサイズ展開となっており、男女ともに、最適なフィット感のセーフティシューズをお求めいただけます。
また「JSAA規格 A種 プロスニーカー(R)」※であり、グラスファイバーで強化した合成樹脂製の先芯により、つま先をしっかり保護してくれます。さらに付加的性能として、「静電気帯電防止性」およびかかと部分に「衝撃エネルギー吸収性」が備わっており、より快適・安全にお使えいただけます。

※「JSAA規格 A種 プロスニーカー(R)」:つま先に硬質樹脂の先芯を装着し、公益社団法人 日本保安用品協会(略称:JSAA)制定のプロテクティブスニーカー規格に定める一定の安全性能や耐久性を備えるスニーカータイプの作業靴をプロテクティブスニーカー(プロスニーカー)と呼び、JSAA規格認定品として品質を保証しています。プロスニーカー(R)の表示は、公益社団法人 日本保安用品協会の登録商標です。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/314632/LL_img_314632_9.jpg
ヘリテイジイメージ

■商品データ/ラインナップ
・シリーズ名 :HERITAGE(ヘリテイジ)
・品名 :AIRTWIST 2.0 LOW(エアツイスト 2.0 ロー)
・素材 :アッパー 合成皮革(マイクロファイバー)
ソール 合成底
先芯 グラスファイバー強化合成樹脂
・カラー :ブラック/グレー/ネイビー/キャメル/
ブルー/グリーン/グレー&ピンク
・サイズ :23.0cm・23.5cm・24.0cm・24.5cm・25.0cm・25.5cm・
26.0cm・26.5cm・27.0cm・28.0cm・29.0cm・30.0cm
(ブラック/グレー/ネイビー/キャメル)
:25.0cm・25.5cm・26.0cm・26.5cm・27.0cm・28.0cm
(ブルー/グリーン/グレー&ピンク)
・希望小売価格:9,000円(税込9,900円)


■会社概要
株式会社ユニワールドは、作業用手袋やセーフティシューズなどの安全・作業用品の総合メーカーです。また、高い機能とデザイン性を有する「PUMA SAFETY」や「WONDER GRIP」の日本総代理店として優れた海外ブランドをご提供しております。これからも“発想力企業 ユニワールド”を企業コンセプトに、“人の仕事のチカラになる”商品を企画・開発し続けます。

名称 : 株式会社ユニワールド
創業 : 1996年10月
代表 : 代表取締役 江川 真史(えかわ まさふみ)
本社所在地: 〒649-0313 和歌山県有田市千田72番地
事業内容 : 安全・作業用品の企画・製造・販売
URL : https://www.uniworld.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。