配信元:@Press

クラウド/サーバー事業を提供する株式会社ビヨンド(本社:大阪市浪速区、代表取締役:原岡 昌寛)は、国内勤務の社員がカナダ現地法人「Beyond GTA Inc.」へ3ヶ月間の出張が可能な「カナダ・海外研修制度」を2022年6月より導入いたしました。多様性のあるカナダで異文化を体験することでエンジニアの見識を深めることを目的としています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/313750/LL_img_313750_1.png
カナダ現地法人「Beyond GTA Inc.」

■「カナダ・海外研修制度」導入のきっかけ
クラウド/サーバーの運用保守・設計構築を手掛けているビヨンドは、サーバーの障害対応にあたるため24時間365日エンジニアによる有人監視を行っています。本来は3交代制のシフトを組み夜勤の稼働が必要だったところを、時差を利用して夜勤をなくすためにカナダのトロントに新しく現地法人の「Beyond GTA Inc.(以下 カナダオフィス)」を設立し、日本とカナダで監視を行うことで夜勤の廃止を実現しました。

大阪・四国・カナダの3拠点で常にコミュニケーションを取りながらサーバー運用を行う事で日本在住のエンジニアでもカナダで働ける機会を作り、技術力・英語力の向上や、現地での暮らしを通して多様性のあり方を知ることができると期待し、3か月間の勤務が可能な「カナダ・海外研修制度」を導入しました。


■移住することなく短期間海外で働ける
1度は海外で働いてみたいが移住はハードルが高い、というメンバーでも3ヶ月間という短期間のカナダ生活を経験することができ、カナダオフィスCEOの元で技術力を培うことで、国内では学ぶことができないエンジニアとしての知見を広げることを目的としています。また、カナダオフィス所属のメンバーと業務を通して拠点間のコミュニケーションを深め、海外の文化に触れることでダイバーシティ&インクルージョンへの理解を深めるきっかけになることを期待しています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/313750/LL_img_313750_2.jpg
オフィス風景

■3ヶ月間の研修による効果・エンジニアの声
実際に日本からカナダへ3か月間の研修を終えたエンジニアからは、「業務を通じて課題の解決に向けた考え方を学ぶことができ、カナダの時間の流れ方が日本と比べてゆったりとしていたことから、精神的な余裕も生まれた。」という声があり、プライベートでも現地の人とのふれあいができる、海外移住の気持ちを味わえるなどのメリットもありました。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/313750/LL_img_313750_4.jpg
オンタリオ州 ノースヨーク 風景

■今後は北米向けのサービスも展開
カナダオフィスでは北米地域に進出する日系企業・現地法人・海外グループ企業を対象とした、クラウド/サーバー構築・運用保守 技術サポートを行っており、国内だけでなく世界に通用するサービスを展開していきます。今後もビヨンドのメンバーが働きやすいだけでなく、やりたいことに挑戦できる環境を作っていくことで、エンジニアの技術力・モチベーションを向上させ、お客様に満足いただけるサービスを提供いたします。


■株式会社ビヨンドについて( https://beyondjapan.com )
株式会社ビヨンドは、2007年4月に設立した、クラウド/サーバーの構築・運用管理、Webシステム開発、Webサービスを手がける会社です。

<クラウド/サーバー事業>
クラウド/サーバーの設計から構築・移行、24時間365日の運用保守・監視まで、お客様のクラウド/サーバーに関して最高のパフォーマンスをご提供します。

<システム開発事業>
ソーシャルゲーム・ECサイト・広告サービスなどのWebシステム開発、サーバーサイドのAPI開発を行っています。

<Webサービス事業>
自社サービスである「予約システム EDISONE(エジソン)」「Webサイト監視サービス Appmill(アプミル)」など、様々なクラウドサービスの企画・開発・運営を行っております。


【会社概要】
会社名 :株式会社ビヨンド
代表取締役:原岡 昌寛
本社所在地:大阪府大阪市浪速区難波中1-10-4 南海SK難波ビル3F
設立 :2007年4月4日
資本金 :900万円
従業員数 :61名(2022年6月時点)


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。