配信元:共同通信PRワイヤー

健診受診率の向上により健康経営をサポート

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202206283072-O1-ahtqx2wg

 

 

勤次郎株式会社(本社:東京都千代田区、社長:加村光造)は、健康管理システム「ヘルス×ライフ」において、企業の管理者が健診状況管理画面で受診予約枠を登録することで、従業員が容易に健診予約できる機能をリリースいたしました。

この機能により、健診実施計画に基づく「若年層健診」や「人間ドック」などの「健診コース」の設定と、「年齢・性別」「拠点」などの属性による「グループ作成」も容易に行うことができます。 (ヘルス×ライフProに標準装備)

 

 

■健診計画から予約・受診指示、データ分析までを一元管理

 

健診管理者が健診機関と調整した健診受診予約枠をシステムに登録し、従業員はその予約枠の中から受診日を選択します。予約した受診日一覧を出力して、健診機関への予約に利用できます。

未予約→予約済・未受診→受診済→結果登録済のステータスを、工数をかけずに把握することができます。

 

 

■健診実施計画の実行をサポートする新機能

 

◆属性設定機能:従業員を健診コースに振り分けるために、年齢や性別等の属性(条件)を設定。

◆健診コース設定機能:属性をもとに、健診コースが従業員ごとに割り振られて表示されます。

◆グループ作成機能:実施計画に合わせて「拠点」や、「予約方法」ごとにグループを作成できます。

実施計画を複数作らずに、一つの計画内でグループを分けた運用が可能です。

◆予約枠調整機能:部署ごとに一つの予約枠に対して同時に予約できる人数を制限し、同一部署の人が全

員不在になる状態を回避できます。

※グループ予約は以下の3種類

(1)予約枠指示:管理者が作成した予約枠から従業員が予約する

(2)受診指示:会社が健診機関・日時を決め従業員に指示する

(3)個人予約:個人が好きな健診機関・日時で登録をする

 

■従業員の健診受診率向上により、健康経営の取組みと労働生産性を向上

  

 健康診断・ストレスチェックデータの有効活用は、従業員の健康サポートを可能とし、「働き方改革&健康経営」による労働生産性向上によって企業の持続的発展をもたらす最も重要な取組みです。

当システムは、健康管理アプリ「ヘルス×ライフ」との連携で、健診結果の保存や生活習慣データの取得が可能となり、従業員自らの健康増進もサポートします。また、従業員のスマホへ通知アナウンスが可能となるため、受診率の向上を実現し健康データの有効活用に繋がります。

 

https://www.kinjiro-e.com/20220628ir

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106635/202206283072/_prw_PT1fl_Z3gZ66dG.png

 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。