配信元:@Press

東京を中心に、埼玉・千葉・神奈川・静岡で知的障害者向けの障害福祉サービス事業所「ゆたかカレッジ」を運営する株式会社ゆたかカレッジ(代表取締役社長:長谷川 正人、本社:福岡市博多区)では、知的障がい者の子供を持つ保護者向けに、福祉セミナーを開催します。遠隔地からもご負担なく参加いただけるよう、Zoom開催、参加費無料となっています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/315784/LL_img_315784_1.jpg
福祉セミナー「障害のある子の幸せライフプラン」

【増加し続ける知的障がい者数と保護者の悩み】
知的障がい者の数は近年増加傾向にあります。内閣府発表の「障害者白書」(※)によると知的障がい者の総数は、平成26年版では74万1千人だったものが令和3年版では109万4千人となり、約7年で35万3千人余り増加、このうち18歳未満については、平成26年が15万9千人、令和3年が22万5千人と約7年で6万6千人余り増加していることがわかります。
知的障がい者を子に持つ保護者は子の将来について多岐にわたる悩みを抱え、自分が健在であるうちにどんな準備をしたらいいのか、必要な情報がすべて手に入るとはいいがたいのが現状です。

※ 内閣府 障害者白書
https://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/index-w.html


【生活・お金・将来に向けた準備を学べる福祉セミナー、Zoomで無料開催!】
当社では「障害のある子の幸せライフプラン」をメインテーマとして、連続5回、保護者の皆様が日ごろ気になっている個別テーマについて無料セミナーを開催しています。
講師には、行政書士、ファイナンシャル・プランナーとして活躍中の山口 まゆみ先生をお迎えし、第2回は「障害がある子と家族を守る成年後見制度セミナー」と題して2022年7月23日(土)に開催します。「そもそも成年後見制度ってなに?」「成年後見人は誰でもなれるの?」「成年後見制度のメリット・デメリットは?」といった疑問をお持ちの保護者の皆様に、成年後見制度の理解を深めていただける構成としました。
開催方法はZoomウェビナーによるリモート開催ですので、ご自宅からお気軽にご参加いただけます。


【「障害のある子の幸せライフプラン」残り4回ウェビナー詳細】
参加費は無料ですが、申込制となっており、定員を300名とさせていただいております。
お申し込みは、下記URLまたはチラシ記載のQRコードの「こくちーず」から、またはダウンロードURLから入手できる申込用紙に必要事項ご記入の上FAX返信で承ります。
受付完了後、ZoomのURLを送信いたします。

1. 申込みサイト : https://bit.ly/39Y6sWb
2. 申込用紙ダウンロード: https://bit.ly/3wLfOfF
FAX番号 : 042-506-1348
※ 各回セミナーの開催ごとのお申し込みが必要です。

第2回以降の各テーマと開催日時は以下のとおりです。

第2回 「障害がある子と家族を守る成年後見制度セミナー」
令和4年 7月23日 土曜日 15:30~
第3回 「障がいをもつ子と家族の為のライフ&マネープランセミナー」
令和4年 9月10日 土曜日 15:30~
第4回 「障がいをもつ子と家族のためのエンディングノートセミナー」
令和4年11月26日 土曜日 15:30~
第5回 「家族の安心・笑顔のための障がいがある子と家族を守る遺言作成の
ポイントセミナー」
令和5年 1月28日 土曜日 15:30~


【今後の展開】
今後もゆたかカレッジでは、知的障害者に寄り添う形の支援を様々なかたちで展開してまいります。知的障害者のお子様をお持ちの保護者の方々からのご相談も随時受け付けております。
本件に関するより詳しい内容をご希望でしたら、当社ではマスコミの方の取材お申し込みを随時受け付けておりますので、是非お問い合わせください。


【会社概要】
会社名 : 株式会社ゆたかカレッジ
本社 : 〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東二丁目5番37号
博多ニッコービル402号室
東京オフィス: 東京都新宿区西新宿三丁目9番7号
フロンティ新宿タワー2階 209号室
URL : https://yutaka-college.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。