配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 96733 (1510)

【重慶2022年6月27日新華社=共同通信JBN】世界自然遺産のブランド価値を継続的に活用し、武隆を世界に紹介する交流の架け橋をより良い方法で構築するため、武隆カルストの世界自然遺産リスト登録15周年を記念する会議が中国南西部の重慶市武隆区で開催された。重慶市武隆区宣伝部(The Publicity Department of Wulong District, Chongqing Municipality)によると、この会議は貴重な遺産の厳格な保護、継続的な継承、持続可能な利用について焦点を当てるものだ。

重慶市南西部の鳥江下流部に位置する武隆は、道路、鉄道、水路、民間空港といった便利な交通機関を備えている。

1994年に芙蓉洞が一般に開放されるとともに、武隆の観光は成長をはじめた。2007年、武隆カルストは重慶で初の世界自然遺産になり、2015年には国連により持続可能な開発のモデル都市としての栄誉を得た。2008年、武隆は観光客の総数を増やし、観光経済を強化することを主な目的として、観光における2回目の起業の試みを開始した。現在、武隆区は世界自然遺産、国家観光リゾート地、国家5A級観光地などに指定されている。

武隆区の幹部当局者は「武隆は自然遺産を活用し、観光産業に力を与えることを堅持している。これは自然遺産の価値を変革・活用し、人々の生活を向上させるという地域の事例を提示するものである」と述べた。

武隆は2021年に4070万人の訪問を受け入れた。これは2008年の20倍である。同時に、観光の全体収入は2008年の19.6倍となる197億3000万元に達した。武隆における観光産業の持続可能な発展は大きな経済的、社会的、生態学的利益をもたらし、自然遺産保護との良好な循環相互作用を形成している。

中国科学院のYuan Daoxian学士によると、武隆は過去15年間で素晴らしい社会的、経済的、文化的な成果をあげ、大きく変化した。これらは世界自然遺産リストへの登録の成功と、同遺産の保護と管理における武隆の取り組みに密接に関連している。

観光消費需要の階層化と個性化、そして観光発展モデルの専門化・高度化に伴い、観光産業は全面的かつ包括的な変化を遂げた。新たな挑戦に効果的に対応するため、今年2月、武隆区はグローバル化に焦点を当てた現地の観光開発における3回目の起業の試みを開始した。現地政府は武隆区を世界的に有名な観光地、グリーン開発イノベーション実証区にするため、開発を加速させることを決定した。

武隆は現地観光のグローバル化を支援するため、1406億元の総投資額に上る165の文化観光プロジェクトの計画を策定した。この計画は、研究、スポーツ、芸術、医療、結婚、サービスなど6つの産業チェーンを構築し、観光と工業、農業、建設、現代的サービスとの深い統合を促進することを提案した。

最新の観光開発キャンペーンは観光客の数を増やすだけでなく、観光の質と効率を向上させ、観光による共同繁栄を実現することを目的としている。このキャンペーンは実施以来、顕著な成果を上げている。今年1月から5月まで、武隆が迎えた観光客数は前年比11.5%となる1485万人で、観光収入は前年比12.7%増の65億3000万元に達した。

武隆は世界自然遺産リストへの登録に成功してから、同自然遺産を世界的に有名にするために多大な努力を尽くしてきた。芙蓉洞は米国のマンモスケーブ、フランスのクラムス鍾乳洞と姉妹公園になった。仙女山はスイスのユングフラウとの契約に調印し、第14回国家洞窟学術会議など、国際的・国内的な学術会議の開催に成功した。武隆はスイスのグリンデルワルト、イタリアのスビアコなど6つの都市・地域と友好的・協力的な関係を確立し、国際友好都市の輪を広げた。武隆カルスト世界自然遺産の人気と影響力は一貫して高まっている。

ソース:The Publicity Department of Wulong District, Chongqing Municipality

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。