配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 96765 (1519)

【ルイビル(米ケンタッキー州)2022年6月29日PR Newswire=共同通信JBN】Michter's(ミクターズ)はこの7月、同社の2022年初で1回だけの瓶詰め10年物ライを出荷する。Michter'sのDan McKeeマスターディスティラー(蒸留責任者)は「当社が10年物バーボン発売を2023年に延期することを考慮すると、今夏に10年物ライを発売できて特にうれしく思う。私がとても好きな発売品の1つだ」とコメントした。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1848558/Michters_10_Year_Rye.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/4586/michter_s_distillery__llc_logo_4734_21071_.jpg

10年物ライの2022年発売について、Michter'sのJoseph J. Magliocco社長は「今年発売する10年物ウイスキーはこれだけになるかもしれないが、本当に特別な商品だ。Michter'sでは、売り上げを最大化するよりも品質に妥協を許さないことを大切にしている」と述べた。Michter's 10年物ライの米国内推奨小売価格は750ml瓶で185ドル。

Michter's10年物ライはシングルバレル商品である。これはライムギのスパイスにバランスとさらなる複雑性を与えるため、かなりの量のトウモロコシと大麦から作られるケンタッキースタイルのライだ。Michter'sのAndrea Wilsonマスターオブマチュレーション(熟成責任者)は「今年のMichter's10年物ライは、ぜいたくなチョコレート、キャラメル、フルーツの中に美しいスパイスとかんきつ類を併せ持ち、むらのない豊かで複雑な体験を提供し続ける。オーク樽熟成がかすかに感じられる甘さとスパイスの絶妙なバランスのおかげで、ケンタッキースタイルのライを好む人々にとってMichter'sは非常に特別な存在となっている」と評した。

Michter'sには、非常に優れた品質の伝統的なアメリカンウイスキーを提供する豊富で長い伝統がある。限定生産品のそれぞれが最高度に熟成されており、Michter'sの評価の高いポートフォリオにはライ、バーボン、サワーマッシュウイスキー、アメリカンウイスキーなどがある。現在、需要が供給を上回っているため、Michter'sの全てのタイプの商品は割り当て制となっている。2021年10月、Michter'sは25カ国で実施された調査で「Most Admired American Whiskey(最も称賛されているアメリカンウイスキー)」に指名された。2022年1月には、Michter'sはDrinks InternationalのAnnual Brands Reportで「Top Trending American Whiskey」第1位のブランドに選定された。

詳細はwww.michters.com を参照し、Instagram(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3579397-1&h=3151756996&u=https%3A%2F%2Fwww.instagram.com%2Fmichterswhiskey%2F&a=Instagram )、Facebook(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3579397-1&h=1782286613&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fmichterswhiskey&a=Facebook )、Twitter(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3579397-1&h=495978162&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fmichterswhiskey&a=Twitter )でフォローを。

▽問い合わせ先
Joseph J. Magliocco
+1 (502) 774-2300 x580
jmagliocco@michters.com

ソース:Michter's Distillery

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。