配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 96764 (1518)

【ヒューストン2022年6月29日PR Newswire=共同通信JBN】Ascend Performance Materialsは今週開催のBattery Show Europeで、e-モビリティー向けの最新の材料を展示している。同社の展示の中には、難燃性ポリアミドStarflam(R)の新しい色安定グレード、ノイズ、振動、ハーシュネスを減衰する新しいVydyne(R)AVS、REACHに登録された電解質添加剤Trinhex(R)Ultraなどがある。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1849390/Ascend_Performance_Trino_Comparison.jpg

Ascendはレーザーマークが可能で、5000時間以上の長期熱劣化に耐え、0.2mmでV-0のUL94燃焼性評価を含む電気特性を維持するStarflam 525K難燃PA66の色安定オレンジグレードを開発した。この新しい色安定グレードは、高電圧コネクターやバスバー用に設計されている。

また、Ascendの新しい防振材料であるVydyne AVS(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3580513-1&h=841142698&u=https%3A%2F%2Fwww.ascendmaterials.com%2Fproducts%2Four-brands%2Fanti-vibration-system%2F&a=Vydyne+AVS )も強調される。電気自動車(EV)のモーターやコンプレッサーの高周波振動を減衰させるために調整されたAVSは、複雑さや重量を増やすことなく車内の騒音を軽減するのに効果的なNVHソリューションである。

最後に、Ascendはリチウムイオンバッテリーの性能、安全性、寿命を改善するTrinohex Ultra(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3580513-1&h=2334745010&u=https%3A%2F%2Fwww.ascendmaterials.com%2Fproducts%2Fspecialty-chemicals%2Fsignature-brands%2Ftrinohex%2F&a=Trinohex+Ultra )電解質添加剤の販売促進も行う。Trinohex Ultraはサードパーティーの試験で、カソードと電解質の科学的特性全体で優れたカソード保護を実証した。この保護により、とりわけ極端な条件下で、有毒ガスの発生を30%削減し、性能がより長く持続するようになる。

Ascendのeモビリティー担当ディレクターであるIan van Duijvendoode氏は「当社の目標は、新材料ソリューションをeモビリティー分野に提供することである。当社の応用および設計エンジニアリングの能力は、当社の材料に関する広範な知識と相まって、安全性、乗員の快適性、走行距離の面でいくつかの重要な課題をOEMが克服することを支援し続ける」と述べた。

Ascendは、6月30日まで開催のBattery Show Europeのブース10-C94で展示を行っている。

▽Ascend Performance Materialsについて
Ascend Performance Materialsは、日用必需品や新技術向けのハイパフォーマンスマテリアルズを生産している。同社は、イノベーションを通じて生活の質を向上させ、より良い未来をもたらすことに注力している。同社は米テキサス州ヒューストンに本社を置き、上海、ブリュッセル、デトロイトに地域オフィス、北米、欧州、アジアに世界的な製造施設を有する完全統合型マテリアルソリューションプロバイダーである。同社の全世界の従業員は、より安全な車両、よりクリーンなエネルギー、より優れた医療機器、よりスマートな電化製品、より長持ちする衣料・消費財の製造に使用される材料を生産している。同社は、顧客とコミュニティーの安全性、持続可能性、成功にコミットしている。

Ascendについて、より詳しくはwww.ascendmaterials.com を参照。

▽問い合わせ先
Ally Jahn
+1 713-210-9809
ajahn@ascendmaterials.com

ソース:Ascend Performance Materials

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。