配信元:@Press

2022年4月に開業した四国最大級の道の駅くるくる なると(所在地:徳島県鳴門市)内にある『鳴門ほれほれプリン』から、季節限定の「ほれほれチョコミントプリン」を7月7日(木)に発売します。鳴門ほれほれプリンはオープンから1か月でシリーズ累計販売数10,000本を突破した、今話題のプリン専門店で、初の季節限定フレーバー「チョコミント」は2,000本限定でのご用意です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/316108/LL_img_316108_1.jpg
鳴門ほれほれプリンに「ほれほれチョコミントプリン」が登場

道の駅くるくる なると
公式Instagram : https://www.instagram.com/kurukurunaruto/
公式ホームページ: https://www.kurukurunaruto.com/


■商品について
<ほれほれチョコミントプリン>※2,000本限定
価格 :400円(税込) ※スコップスプーン付
発売日 :7月7日(金) ※無くなり次第、販売終了
アレルギー:乳成分・ゼラチン・大豆

マスカルポーネチーズを使った爽やかなミントプリンの上に、うすく削ったミルクチョコレートをのせました。専用のスコップスプーンでミントプリンとチョコレートを一緒に「ほれほれ」して食べる季節限定、数量限定のプリンです。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/316108/LL_img_316108_2.jpg
ほれほれチョコミントプリン
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/316108/LL_img_316108_3.jpg
かわいいスコップスプーンつき

■鳴門ほれほれプリンについて
鳴門を掘ると、鳴門に惚れる。
鳴門ほれほれプリンはワクワクをほりだす鳴門生まれのプリン屋さん。

まるでさつまいも畑を掘るように、プリンをほってほってお芋を探す「ほれほれ芋プリン」や、さわやかな青色のジュレにミルクソースを入れ、くるくるして食べる「くるくる渦潮プリン」など素材の美味しさとワクワクをつめこんだプリンで、もっと鳴門に惚れてほしい!

食べることと、畑を掘ることが大好きなもぐらくんと一緒に
ここでしか味わえないプリンをお届けしていきます。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/316108/LL_img_316108_4.jpg
鳴門ほれほれプリンについて

■施設概要
名称 : 道の駅くるくる なると
所在地 : 徳島県鳴門市大津町備前島字蟹田の越338-1
面積 : 約17,900m2
駐車台数 : 普通車152台/大型車16台/身障者用3台(24時間利用可能)
計171台
施設設備 : トイレ/地域振興施設
(物販施設、飲食施設、体験交流研修室、加工室、
屋内プレイルーム、屋外交流広場、子どもの遊び場、
芝生広場、ベビーコーナー、非常用電源、貯水槽、公衆電話、
公衆無線LAN、展望デッキ、情報提供・休憩施設、バス停、
レンタサイクル等)/避難場所、備蓄倉庫/EV急速充電器
営業時間 : 午前9時~午後5時
ナルトエエモン・・・・・・・・・午前9時~午後4時
ホレタテキッチン・大渦食堂・・・午前10時~午後4時L.O.
公式サイト: https://www.kurukurunaruto.com
Instagram : @kurukurunaruto
https://www.instagram.com/kurukurunaruto


■運営企業案内
会社名 : 株式会社シンカ
代表者 : 代表取締役 大野 充
所在地 : 徳島県鳴門市撫養町南浜字東浜35-2
主な事業内容: 道の駅「くるくる なると」の管理運営、鳴門市ふるさと納税事業、
観光土産品の開発、製造及び販売 工芸品、
民芸品の加工及び販売 食料品の販売、飲食店の経営、
地域商社事業に関する業務
公式サイト : https://www.thinka-n.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。