配信元:@Press

株式会社 湯ーとぴあ(所在地:山梨県甲斐市、代表:早川 善輝)が運営する「竜王ラドン温泉 湯ーとぴあ」は、全国の温泉宿ホテルの人気投票「温泉宿・ホテル総選挙」で「健康増進部門」「アクセス部門」「おこもり部門」の3部門で1位を獲得、他「ニフティ温泉ランキング2021」北陸・甲信越エリアランキング1位、「温泉総選挙2021」の「健康増進部門」1位を受賞しました。3冠達成を記念し『温泉旅しようキャンペーン』を2022年8月末まで実施しております。

「竜王ラドン温泉 湯ーとぴあ」URL: https://u-u.co.jp/
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/314888/LL_img_314888_1.jpg
ラドン温泉

■「温泉旅しようキャンペーン」詳細
1. 6枚綴りの入浴回数券が、通常4,200円(税込)を3,000円(税込)で販売
(購入した当日から使えます)

2. LINE友だち登録でクーポン券プレゼント
LINE友だち登録後、簡単なアンケートに答えて温泉や宿泊にて利用出来るクーポン券配布

3. 思い出キャンペーン実施
口コミ投稿で、各サイトに応じクーポン券複数枚をゲットできるチャンス


■温泉宿・ホテル総選挙2022投票がまもなく開始
「温泉総選挙」は、官民一体となった温泉地情報発信サイトです。応援投票による国民参加型の地方活性化プロジェクトを行い、温泉地の活性化につながる企画や仕組みづくりを官民一体となって実施しています。「温泉宿・ホテル総選挙」は「温泉総選挙」が母体の取り組みです。本年も格別なる応援をお願いいたします。

投票期間 :2022年6月26日(日)~2022年9月30日(金)
温泉総選挙 過去受賞歴:2019年 外国人おもてなし部門 1位
2020年 健康増進部門 1位
2021年 健康増進部門 1位
投票サイトURL :https://bit.ly/3OGtoZ1

■竜王ラドン温泉
(源泉)竜王ラドン温泉は当敷地地下1,000メートルより湧き出る【含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉】源泉100%かけ流しの温泉(療養泉)です。トリプル美肌効果のある美人の湯で、40度のぬる湯のため長湯が出来、体への負担が少ないです。重曹泉とも言われ、増富ラジウム温泉系天然ラドン含有温泉です。循環・加熱・加水一切無く、24時間地下より湧き出した温泉がそのままの状態で各浴槽へ大量に提供され、そのまま排水されていきます。

【当温泉成分の肌への効果】※純温泉A判定
1. 含まれる硫黄成分にはメラミン色素の抑制効果があるため美白効果がある。
2. 含まれるナトリウム-炭酸水素塩泉(含重曹)は体の角質を除去する美肌効果がある。
3. 当温泉のpHは弱アルカリ性のため、体の表面の角質を除去する美肌効果がある。

よって、当施設の温泉はトリプル美肌効果が期待出来ます。更に、当温泉に含有のナトリウム-塩化物泉(塩分を含む温泉)はよく温まる温泉で保湿効果があります。

(ラドン温泉)ラドン吸入室では、安全なラドンガスを10分程度吸入することでサウナ以上の発汗があり1~2時間ほど続きます。この強いデトックスにより血液を綺麗にします。若い女性にもこの『強デトックス作用』が人気あります。

やまなし百名湯「竜王ラドン温泉」女子旅、温泉リポート
https://www.youtube.com/watch?v=VBGMlpbajQU


■施設概要
名称 : 竜王ラドン温泉 湯ーとぴあ
所在地 : 〒400-0113 山梨県甲斐市富竹新田1300-1
泉質 : 含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
宿泊 : 1泊2食9,900円~、素泊まり5,500円~
立ち寄り湯: 10:00~23:00 大人700円、12歳以下600円
URL : https://u-u.co.jp/


■会社概要
社名 : 株式会社 湯ーとぴあ(U-TOPIA Ltd.)
所在地: 〒400-0113 山梨県甲斐市富竹新田1300-1
代表 : 早川 善輝
設立 : 1946年(昭和21年)2月23日
資本金: 1,000万円
URL : https://u-u.jp/overview


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。