配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 96767 (1524)

【ヒューストン2022年6月29日PR Newswire=共同通信JBN】
*これまでアクセスが満たされなかった企業に向け、トークン化、決済、資本、リスク管理など、完全セットの金融テクノロジーサービスが利用可能に

金融サービスとインフラプラットフォームのQenta, Inc.(Qenta)は29日、強化・統合された一連の金融ソリューションを発表した。Qentaは最先端テクノロジーと独自のエンタープライズグレードのブロックチェーンであるQenta Operating Systemを展開している。Qentaはアフリカ、中南米、アジア太平洋、欧州の中部・東部に重点を置き、トークン化された資産、デジタルバンキング用のマルチトークンウォレット、キャッシュレス決済、商品リスク管理サービスを提供し、これら新興市場が多くの企業が直面するアクセス、コネクティビティー、コンプライアンス、外国為替における諸問題の解決を支援する。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1848141/Qenta_Inc_Logo.jpg

QentaのBrent De Jong会長兼最高経営責任者(CEO)は次のように述べた。
「世界中の多くの企業は、地域の境界を越えて真に成功する上で必要なすべての金融サービスを利用できず、個々のプロバイダーのサービスをつなぎ合わせるのは時間のかかるプロセスになる可能性がある。Qentaは、これまで関連のなかったサービスを単一のプラットフォームにまとめ、新興市場の企業が一連のテクノロジーとソリューションを利用できるようにする。例えば、当社のリスク管理サービスと外国為替サービスを利用している農民は、プログラム可能なお金と決済機能のためのデジタル通貨を利用できるようになった。また、ブロックチェーンベースのサプライチェーン追跡によって早期の資金調達を得ることもできる。Qentaを利用することで、ユーザーは今、統合テクノロジーの効率を享受できるようになった」

Qentaは、相互にリンクした金融サービスの幅広い範囲とグローバルなターゲットにより、5000億ドル以上の広範なアドレス可能市場を形成している。新興の高度成長市場はQentaの2021年の収益の大きな割合を占め、2026年にはこのセグメントが総収益の大部分を占めると予想されている。

Qenta PaymentsのマネジングディレクターでQenta取締役のKerim Chouaibi氏は「Qentaは資本とリスク管理、決済、トークン化の交差点で独自の立場にあり、グローバル市場と新興の高度成長市場の中小企業との間の完全な金融コネクティビティーを提供する。開発途上国の中小企業が規模を拡大し、そのニーズが進化しても、彼らは同じプラットフォーム内にいながら、これらすべてのサービスの利点を簡単かつシームレスに利用することができる」と述べた。

Qenta Operating System(QOS)はプライベート許可制第3世代ブロックチェーンで、フィアット通貨、暗号通貨、商品、あるいは航空マイレージや携帯電話の通話時間などの価値単位を表すトークンをサポートする。2018年に金(ゴールド)を貯める、送る、使うためのデジタル金資産であるG-Coin(R)トークンを開始した同社のスマートコントラクトツールを使用することで、ユーザーは国境を越えた送金から担保付き借入・貸付、決済を商品の出所・配送と関連付けすることまで、あらゆる規模と複雑性を備えた金融取引をカスタマイズすることができる。

急成長する摩擦のない金融サービスのエコシステムには、強固なグローバル規制が必要である。Qentaは米国33州でマネーサービス事業を展開し、その他の主要市場でも金融認可を取得している。月間140万件以上の取引を行い、5000以上のアクティブ顧客を擁している。いま、QOSはサードパーティーの開発者からアクセスできるようになり、Qentaの顧客基盤が厳しい規制要件を満たしていることを認識しながら、さらなる分散型アプリケーションを開発できるようになった。

▽Qentaについて
Qentaは3部門から構成されている。Qenta Tokenizationは、特許取得済みの資産トークン化ソリューション、デジタルバンキング用マルチトークンウォレット、デジタル金資産であるG-Coin(R)トークンをはじめとするプログラムペイアウトサービスを提供している。
Qenta Paymentsは、キャッシュレス決済処理、多通貨アカウント、モバイルプラットフォームでのデビットカードやクレジットカードを提供している。Qenta Capital & Risk Managementは、ソフトコモディティーと貴金属に特化したヘッジ商品とマージンファイナンスを提供している。

Qentaは本社を米テキサス州ヒューストンに置き、5大陸にオフィスを持って事業を展開し、400人を超える従業員を擁している。同社は最高レベルのセキュリティーとコンプライアンスを提供し、バミューダ、ブラジル、ドバイ、ガーナ、ルクセンブルク、スイス、米国の金融当局から管理されている。

摩擦を減らし、金融商品とサービスへのより良いアクセスを提供することで、Qentaはボーダーレスで民主化された金融エコシステムを構築し、グローバル企業と市民が向上することを目指している。

ソース:Qenta, Inc.

▽問い合わせ先
Bob Zeitlinger, Makovsky
investorrelations@qenta.com

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。