配信元:@Press

株式会社ウィザースホーム(本社:千葉県千葉市中央区、代表取締役:神崎 智、以下「ウィザースホーム」)は、快適な暮らしを実現するうえで重要な「家電製品」、「家具」、「カーテン」に関する提案力をより充実化させる体制を整備しました。これにより、お客様への付加価値の高い建物のご提供と、これまでに強化してきた土地や外構、保険、インターネット環境に関する提案力とともに、快適な住環境をさらにトータルで提案できる体制となりました。


■ウィザースホームの快適な暮らしを実現するトータルな提案力

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/315273/LL_img_315273_1.jpg
メイン画像

■家電製品、家具、カーテンの提案力強化の背景
住宅を購入する際には、住宅の登記費用や住宅ローンの事務手数料、仮住まいや引越し費用をはじめ、さまざまな費用が発生します。その結果、家電製品や家具、カーテンといったアイテムに関して、購入資金が不足してしまい、必要なものを揃えられないケースや、希望するグレードや品質を落とさなければならず、特に家具やカーテンにおいては新築した住まいのインテリアとチグハグな状態になってしまうことがありました。
こうした現状に対し、ウィザースホームでは住宅だけでなく、家電製品や家具、カーテンも大切な要素と捉え、お客様の暮らしにあったアイテムまでトータルに提案することや、資金面で購入を諦めずに済む仕組みをご提供したいと考えてきました。


●トータル提案力強化によるお客様のメリット
(1) プランニングの段階で、家具やカーテンまで含めたインテリアのトータルな提案をしてもらえる。
(2) プロの目で選んだ最適なアイテムを揃えることができる。
(3) 購入資金不足の不安を解消することができる。

なお、提案力強化における協力会社は、家電製品、家具、カーテンを扱う企業の中からお客様に人気のラインアップを豊富に揃える企業を検討し、ビックカメラ、ジアス、ルームワンの3社となりました。各社との具体的な協力内容等については以下の通りです。


■家電製品・家具・カーテンに関する協力内容について

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/315273/LL_img_315273_2.jpg
ビッグカメラ ロゴ

●家電製品
住まいに合わせた家電のご提案をウィザースホームから行います。その提案を基に、お客様がビックカメラまたはコジマ(実店舗)、インターネット通販サイト「ビックカメラ.com」で家電製品を購入することができます。

《お客様のメリット》
・お客様のライフスタイルや設置スペースに最適なアイテムをご提案します。
・特別優待クーポンの利用で通常より2%多くポイントを還元します。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/315273/LL_img_315273_3.jpg
ジアス ロゴ

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/315273/LL_img_315273_4.jpg
ルームワンスタイル ロゴ

●家具・カーテン
ウィザースホームからお客様へ家具購入を提案した後、ルームワン、ジアスのいずれかお客様に最適な企業をご提案し、その企業の会場に赴いて実物家具を見ながら打ち合わせを行います。また、インテリアコーディネーターによる家具の提案や打ち合わせも行います。

《お客様のメリット》
・部屋のインテリアテイストや間取りに最適なアイテムを、プロがご提案します。


■ウィザースホームについて
ウィザースホームは、1970年に千葉県君津市で創業し、2×4・2×6工法による住まいを手掛け、45年余りとなる新昭和グループの注文住宅ブランドです。2021年1月には、ブランド発足20周年を迎え「いい家を、つくろう。」のスローガンを掲げ、地域に根差した活動を行っています。さらに、国連が提唱するSDGsに賛同し、6つのSDGs宣言を発表。ひとと、まちと、ほしに寄り添う事業を展開していきます。

【ウィザースホーム公式HP】
https://www.with-e-home.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。