配信元:@Press

六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:寺西公彦)は、2022年8月27日(土)から11月23日(水・祝)まで現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」を開催します。本展は、神戸・六甲山上の各施設を舞台に展示される数々のアート作品を、ハイキング気分で周遊しながら楽しめる現代アートの展覧会です。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/316300/img_316300_1.jpg
この度、下記の通り本展の公募アーティストが決定いたしましたので発表いたします。
公募アーティストは2022年2月1日(火)~5月6日(金)の期間で募集し、応募総数239点の作品プランが集まりました。5月20日(金)に実施された公募1次審査会で16組の公募アーティストが決まり、この後、作品プランを具体化し、8月中旬から現地での制作を行います。
また今年のメインビジュアルも完成し、展覧会開催に向けてさらに盛り上げてまいります。

※本展の詳しい開催概要は次をご参照ください。


《出展決定 公募アーティスト ※50音順》

浅野暢晴(あさののぶはる)、伊藤大寛(いとうたいかん)、岩城和哉(いわきかずや)+東京電機大学岩城研究室(とうきょうでんきだいがくいわきけんきゅうしつ)、上田要(うえだかなめ)、大洲大作(おおずだいさく)、kammy+OK!(かみーぷらすおーけー)、園田源二郎(そのだげんじろう)、竹内章訓(たけうちあきのり)、土井健史(どいたけふみ)+江森健人(えもりけんと)、名村可奈子(なむらかなこ)、にしかわしょう子(にしかわしょうこ)、二ノ宮久里那(にのみやくりな)、みょうじなまえ、湯澤四(ゆざわよっつ)、吉澤ハナ(よしざわはな)、吉田甲太郎(よしだこうたろう)(齋藤俊文研究室(さいとうとしふみけんきゅうしつ)) ※敬称略・50音順

◆六甲ミーツ・アート芸術散歩2022
「前売ナイトパス付鑑賞パスポート」「前売鑑賞パスポート」の販売について
【期間】2022年7月1日(金)~8月26日(金)
【販売場所】イープラス、チケットぴあ、ローソンチケット、asoview!
【価格】
[前売ナイトパス付鑑賞パスポート]大人(中学生以上)3,100円、小児(4歳~小学生)1,300円
※当日券は大人3,300円、小人1,400円
※ナイトパス付鑑賞パスポートは有料会場への入場と、夜間作品を期間限定で公開する
「ひかりの森~夜の芸術散歩~」会場への入場がセットになったパスポートです。
[前売鑑賞パスポート]大人(中学生以上)2,300円、小人(4歳~小学生)900円
※当日券は大人2,500円、小人1,000円

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/316300/img_316300_2.jpg
『六甲ミーツ・アート芸術散歩2022』開催概要
※2022年6月30日(木)現在の情報です。変更が生じた場合は公式Webサイト( https://www.rokkosan.com/art2022/ )で発表します。
新型コロナウイルス感染症の状況により変更する場合があります。
【会期】
2022年8月27日(土)~11月23日(水・祝)
※会期中無休。ただし六甲山サイレンスリゾートのみ8月~10月の毎週月曜休業
(月曜祝日の場合は火曜に振替休業)
【開催時間】
10時~17時
※会場により一部異なります。
【会場】
六甲ケーブル(六甲ケーブル下駅・山上駅)、六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)、ROKKO森の音ミュージアム、六甲高山植物園、六甲ガーデンテラスエリア、自然体感展望台 六甲枝垂(しだ)れ、兵庫県立六甲山ビジターセンター(記念碑台)、グランドホテル 六甲スカイヴィラ、風の教会エリア(六甲山芸術劇場・芸術センター)、六甲有馬ロープウェー 六甲山頂駅
【市街地特別展示】JR六甲道駅周辺、阪神神戸三宮駅周辺
※会場は変更になる可能性があります。
【料金】有料会場をお得に巡ることができる「鑑賞パスポート」販売
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/316300/img_316300_3.jpg
※大人(中学生以上)、小人(4歳~小学生)
※鑑賞パスポートで有料会場≪自然体感展望台 六甲枝垂れ、六甲高山植物園、ROKKO森の音ミュージアム、風の教会エリア(六甲山芸術劇場・芸術センター)、六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)≫にそれぞれ会期中1回の入場(当日は再入場可)が可能です。
※ナイトパス付鑑賞パスポートは有料会場への入場と、夜間作品を期間限定で公開する「ひかりの森~夜の芸術散歩~」会場への入場がセットになったパスポートです。※「ひかりの森~夜の芸術散歩~」は9月23日(金・祝)~11月23日(水・祝)の土日祝、17:00~20:00の限定開催となります。ご鑑賞にはナイトパス付鑑賞パスポートまたはナイトパス(大人1,600円 / 小人800円)が必要です。
【主催】六甲山観光株式会社、阪神電気鉄道株式会社
【総合ディレクター/キュレーター】高見澤清隆 インディペンデント・キュレーター

■ 会場とロケーション
「六甲ミーツ・アート芸術散歩」は、六甲山上の観光施設を主な会場としています。オープンエアな環境で六甲山の自然とアート作品を楽しみながら、会場となる各施設それぞれの魅力もお楽しみいただけます。各会場は、六甲山上バス(路線バス:有料)の他、徒歩での移動も可能です。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/316300/img_316300_4.jpg

■ 出展アーティスト、展示作品について
「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」では、公募によって選出されたアーティストと招待アーティストの作品を展示します。本展は、2010年から毎年開催され、これまで、総勢約430組以上のアーティストが六甲山上で作品の展示を行ってきました。

■ 作品イメージ
六甲山のエリア特性をじっくりと読み込み、自然や景観、歴史を取り入れた作品を各会場に展示します。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/316300/img_316300_5.jpg


六甲山ポータルサイト https://www.rokkosan.com

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/b489a655a486c8a994ce4a9986f51380b1be5ecc.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。