配信元:@Press

都内にスペシャルティコーヒーショップ6店舗を運営する株式会社ONIBUS(本社:東京都目黒区・代表取締役:坂尾 篤史)は、2022年7月6日に、ONIBUS COFFEEとしては都外初となる店舗を栃木県那須郡那須町にオープンします。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/314395/LL_img_314395_1.png
焙煎所も兼ねた郊外初の店舗

■豊かな自然を生かしたまち「GOOD NEWS」
ONIBUS COFFEE那須店は、食をテーマに、社会課題を解決することを目的とした会社「株式会社GOOD NEWS(グッドニュース)」が取り組む、自然豊かな環境を生かした新たなまち『GOOD NEWS』内に誕生します。ここには日常的に環境問題へ取り組んでいるショップが軒を連ね、関わる人全てがしあわせになれる持続可能な未来を共に描いていきます。


■那須の森でスペシャルティコーヒーを
ONIBUS COFFEEは「ONIBUS COFFEEがあることでその街の価値をあげる」ことをビジョンにしています。地元の方々や、那須を訪れる観光客の双方に喜んでもらえるクオリティとサービスを提供し、スペシャルティコーヒーを通じて豊かさを伝えていきます。また、秋頃からは店内で焙煎を開始予定で、スペシャルティコーヒーにより親しめるお店を目指します。


■循環や未利用資源の有効活用をした店づくり
多様な自然を舞台にした那須店は、ONIBUS COFFEEらしさを表現しつつ豊かな自然と調和するようなつくりにしました。大きな窓からは多様な木々が眺められ、ゲストもスタッフも自然を感じながら時間を過ごすことができます。
内装には東京のONIBUS COFFEE既存店舗から出たコーヒーカスを捨てずに、収集し乾燥させたものを資材として客席の床に使用したり、家具の一部にはビンテージ品や、倒木など加工した丸太を用いたりしました。新しいだけでない表情豊かな内装もお楽しみください。
また施設内では共用コンポストやリユーザブルカップなどのサステナブルアクションも計画中です。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/314395/LL_img_314395_2.png
大きな窓からは多様な木々が臨めます

■新店舗続々オープン!ONIBUS COFFEE 10周年イヤー
2012年に東京都世田谷区奥沢で誕生したONIBUS COFFEEは今年1月に創業10周年を迎えました。今年4月には初のカフェスタイルとなるONIBUS COFFEE自由が丘(東京都・目黒区)と、デンマーク発のクラフトビールブランドMikkeller(ミッケラー)と空間を共有したABOUT LIFE COFFEE BREWERS渋谷一丁目店(同・渋谷区)を続けてオープンし、今回の那須店は今年3店舗目の新オープンとなります。


=店舗情報=
ONIBUS COFFEE那須店
所在地 :栃木県那須郡那須町高久乙24-1 GOOD NEWS内
営業時間:10:00-18:00/第2木曜定休+不定休
客席 :店内30席 共用テラス席・テイクアウト販売あり
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/314395/LL_img_314395_3.jpg
複合施設「GOOD NEWS」

ONIBUS COFFEEホームページ: https://onibuscoffee.com/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。