配信元:共同通信PRワイヤー

コロナ戦(いくさ)後の時代-「コロナ戦(いくさ)後」を睨んだ環境有望ビジネスを探る-

 
            発行日  : 2022年6月1日
            ISBN: 978-4-908813-44-3
            ページ数: A4判206ページ
            価格   : 4万1,800円(本体38,000円)
            HP   :http://www.jbd-corp.co.jp

        コロナ戦(いくさ)後の時代-「コロナ戦(いくさ)後」を睨んだ環境有望ビジネスを探る-

 2020年初頭から始まった新型コロナウイルスとの戦いも丸2年以上を経た2022年春過ぎの段階でようやく収束の兆しが見えてきた。
これを踏まえて、今回は副題に“コロナ戦(いくさ)後の時代-「コロナ戦(いくさ)後」を睨んだ環境有望ビジネスを探る-”を掲げた。
 長期に及ぶコロナ禍は社会、経済、ビジネスのあり方や意識に大変革をもたらせた。本稿のテーマである環境ビジネスも例外ではなく大きな影響を受けた一つである。
「コロナショック」を第1弾テーマとした2020年版、「コロナサバイバル」を第2弾テーマとした2021年版に続き、当2022年版は「コロナ戦(いくさ)後」を第3テーマとしコロナシリーズ三部作の完結編に位置付けた。
 収録内容は前回版に続けて、主に~2022年春までの事象とし、本文は2章で構成・編集した。
  Ⅰ.環境ビジネス2022年版の総括
  Ⅱ.ビジネス事例&市場・ビジネスデータ
    Ⅱ章は7大分類、22中分類、28小分類に区分、100以上の「コロナ戦(いくさ)後」
を睨んだ環境有望ビジネス事例データを収録した。
 (7大分類)
  ・モビリティ関連・再生可能エネルギー&新電力・ガスビジネス
  ・温暖化防止・異常気象・大気汚染防止・空気浄化ビジネス
  ・海洋・深海環境ビジネス
  ・地中・地下環境ビジネス
  ・グリーンビジネス
  ・脱炭素戦略
  ・コロナ環境関連ビジネス
 当環境ビジネス白書は、1997年(平成9年)の創刊版から数えてシリーズ第25弾となる。
 最近3ヵ年は、
  ●生まれ変わる時代-AI環境ビジネスの幕開け(2019年版)
  ●「令和」新時代-コロナショック&変革する環境ビジネス(2020年版)
  ●サバイバル時代-脱炭素&コロナサバイバル環境ビジネス最前線(2021年版)
を発行、好評を博してきた。
 本年版は特に「コロナ戦(いくさ)後」という再出発時点における新たな“環境有望ビジネスを探る”ことに焦点を絞り、今後のビジネスヒントの一助になることを狙いとした。

 
(注)「コロナショック」とは、新型コロナウイルス感染拡大に起因する混乱、悪影響の事象
  「コロナサバイバル」とは、「コロナショック」をチャンスにとらえた生き残り戦略
  「コロナ戦(いくさ)後」とは、新たな成長の転換点を指す

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。