配信元:DreamNews


-----------------------------------------------------------------------
● ams OSRAMの新しいバイタルサインモニタリング製品により、改良されたエミッタ、フォトダイオード、モジュールを使用し、要件に応じて最終製品を柔軟に強化することが可能

● ams OSRAM FIREFLY(R) E 2218ファミリーの新しいシングルグリーンエミッタCT DBLP32.12は、最大20%向上された輝度により、信号品質を改善し、正確な心拍数のモニタリングが可能

● このエミッタに最適な新しいチップLEDフォトダイオードであるSFH 2705およびSFH 2706 は、システム効率のさらなる向上を実現し、530 nmグリーンでの相対感度が従来品より約27%向上

● ams OSRAMは、性能を向上させたパッケージにLEDとフォトダイオードを完全に統合したオプティカルフロントエンドとして、BIOFY(R)ファミリーの新しいモジュール、SFH 7050AとSFH 7060Aを提供
-----------------------------------------------------------------------
※本プレスリリースは、2022年6月23日にオーストリア・プレムシュテッテンで発表したプレスリリースの抄訳版です。

光学ソリューションのグローバルリーダーであるams OSRAM(日本地域統括バイスプレジデント:神永眞杉、SIX:AMS)は、バイタルサインモニタリング用途の幅広い新製品を発表します。 FIREFLY(R)エミッタファミリー、チップLEDフォトダイオードファミリー、BIOFY(R)モジュールファミリーの新製品はいずれも性能が向上しており、モバイルバイタルサインモニタリングにおけるお客様固有の要件に最大限対応できる柔軟性を備えています。スマートウォッチ、スマートパッチ、ヒアラブルは、非侵襲的な光学センサソリューションを使用してバイタルパラメータをモニタリングすることができます。新製品は、魅力的なデザインを実現するための省スペース化、正確な測定結果を得るための信号品質の向上、および集積の複雑さ低減というメーカーの要件に応えます。

ams OSRAMのセグメントバイタルサインディレクター、Markus Arzberger博士は次のように述べています。
「ams OSRAMは、バイタルサインモニタリングソリューションの開発に必要なすべての主要部品を提供することができます。当社のポートフォリオは、高性能エミッタLED、感度とフォームファクタを最適化したフォトダイオード製品群、LEDとフォトダイオードを1つのモジュールに組み合わせた最先端のオプティカルフロントエンドソリューション、そしてこのアプリケーション向けに最適化したアナログフロントエンド-ASICを網羅しています」

FIREFLY(R) E 2218ファミリーの新世代
新しいシングルグリーンエミッタCT DBLP32.12を搭載したFIREFLY(R) E 2218ファミリーの次世代製品は、20 mAで6.6~7.8 mW/srという、従来品より最大20%高い輝度が魅力となっています。この製品輝度の向上により、以前のバージョンと比較して、より高い出力で信号が改善されます。これにより、フィットネストラッカー、スマートウォッチ、医療用パッチなどのメーカーは、前世代と同じ信号を生成するのに必要なエネルギーが少なくなるため、駆動電流を減らし、省電力により再充電までの時間を延長して、より長時間のユーザーエクスペリエンスを実現することができます。

トゥルーグリーンのCT DBLP32.12は、高輝度UX:3チップ技術を使用しています。1.8mm x 2.2mm x 0.6mmというコンパクトなサイズにより、基板上に占めるスペースが少なくて済むため、モバイルデバイスの柔軟な設計が可能になります。この製品は、特に正確な心拍数のモニタリングのために設計されています。

また、理想的な組み合わせとなるチップLEDファミリーのフォトダイオードで、さらなるメリットを得ることができます。SFH 2705とSFH 2706は、特にグリーンの領域で感度が向上されており、アプリケーションにおけるシステム全体の効率を高めるために最適な製品となっています。

チップLEDファミリーの新世代
ams OSRAMは、新しいフォトダイオード、SFH 2705とSFH 2706により、チップLED製品ファミリーを拡充します。これらの製品は性能が向上され、相対感度が530nmのグリーンで約27%、660nmのレッドで約8%向上することが示されており、これらの波長でより高い信号を提供します。これにより、LEDの駆動電流を減らすことで、アプリケーションの電力消費を最適化し、バッテリー持続時間を延長することができます。また、シングルグリーンエミッタCT DBLP32.12との組み合わせにより、LEDの輝度が向上され、心拍数モニタリングアプリケーションにおけるシステム全体の効率をさらに向上させることができます。

これらのフォトダイオードは2.0 mm x 1.8 mm x 0.6 mmのパッケージで前世代と互換性があります。SFH 2705は、同ファミリーの他製品とは異なる角型のフォームファクタを採用しており、スマートウォッチなどのシステムにおいて、LEDの隣にフォトダイオードをより柔軟に配置できるようになっています。

BIOFY(R)ファミリーの新世代
新しいBIOFY(R)ファミリーのパワフルなモジュール、SFH 7050AとSFH 7060Aは、LEDとフォトダイオードを1つのオプティカルフロントエンドに統合し、ams OSRAMの最新のダイ技術でアップグレードされています。チップオンボードパッケージのフットプリントは小さいため、SFH 7050AとSFH 7060Aは、特に指クリップや水泳用ゴーグルなど省スペースのアプリケーションに適しています。高輝度による性能向上に加えて、このモジュールの容易な集積化というメリットも享受することができます。このモジュールのフットプリントとピン接続は従来のモデルと同じであるため、既存のソリューションを容易に利用できます。これにより、お客様の製造コストや開発段階での費用を削減することができます。さらに、量産時の光学的安定性、エミッタチップとディテクタチップの固定間隔によるシステムばらつきの最小化、部品レベルでの公差管理など、優れた特長も備えています。

心拍数測定:その仕組み
心拍変動などのバイタルサインは、特定の波長の光を用いて測定されます。緑色の光を組織に照射すると、それは散乱し、一部が血液により吸収されます。照射された光の一部は散乱してフォトダイオードに戻り、集積回路で検出されます。血液量は心拍数によって変化するため、光の吸収とフォトダイオードの信号は心拍数によって変調されます。この原理は、光電式容積脈波記録法、略してPPGと呼ばれています。
6月27日~29日に米国カリフォルニア州で開催されたSensors Convergeで、ams OSRAMは光学部品からアナログフロントエンドまでの幅広いバイタルサインポートフォリオを紹介しました。

ams OSRAMが提供するバイタルサインモニタリング向けの光学ソリューションの詳細については、https://www.osram.com/os/applications/health-monitoring-and-fitness-tracking/index.jspをご覧ください。

●ams OSRAMグループについて
ams OSRAM Group(SIX: AMS)は、光学ソリューションのグローバルリーダーです。我々は光にインテリジェンスを持ち込み、イノベーションへの情熱を注ぐことで人々の生活を豊かにします。これが我々の言う「Sensing is Life」を意味します。
合わせて110年以上の歴史を持つ当社は、想像力、深いエンジニアリングの専門知識、そしてセンサーと光の技術におけるグローバルな生産能力を提供できることが主な特徴です。当社は、コンシューマー、自動車、ヘルスケア、インダストリーの各分野のお客様が競争力を維持することを可能にするイノベーションを創出し、環境負荷の軽減を行う一方で、健康、安全、利便性の面で生活の質を向上させるイノベーションの推進を行っています。

世界中の約24,000人の従業員は、センシング、イルミネーション、ビジュアライゼーションの分野でイノベーションを起こし、運転をより安全に、医療診断をより正確に、そして日々のコミュニケーションをより豊かにしています。画期的なアプリケーションのために創出された技術は、15,000件以上の登録済みまたは出願中の特許に反映されています。プレムスタッテン/グラーツ(オーストリア)に本社を置き、ミュンヘン(ドイツ)に共同本社を置くグループは、2021年に50億ユーロを超える連結収益を達成し、SIXスイス証券取引所にams-OSRAM AGとして上場しています(ISIN: AT0000A18XM4)。

詳細情報はこちらをご覧ください:https://ams-osram.com/

amsはams-OSRAM AGの登録商標です。また、当社製品およびサービスの多くはams OSRAM Groupの商標または登録商標です。ここで記載されるその他全ての企業名および製品名は、各所有者の商標または登録商標である場合があります。

●ams OSRAMのソーシャルメディア・チャンネルはこちら:
Twitter:https://twitter.com/amsOSRAM
LinkedIn:https://www.linkedin.com/company/ams-osram/
Facebook:https://www.facebook.com/amsOSRAM
YouTube:https://www.youtube.com/c/amsOSRAMofficial


※関連画像1:
ams OSRAMのFIREFLY(R)E 2218ファミリーの新しいシングルグリーンエミッタは、製品の輝度を最大20%向上させ、信号品質の改善による正確な心拍測定を実現します。
画像:ams OSRAMグループ

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000261559&id=bodyimage1

※関連画像2:
※関連画像3:
次世代チップLEDフォトダイオード、SFH 2705(左)とSFH 2706(右)は、530nmのグリーンで約27%、660nmのレッドで約8%の相対感度向上を実現しています。
画像:ams OSRAMグループ

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000261559&id=bodyimage2

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000261559&id=bodyimage3

※関連画像4:
※関連画像5:
新しいBIOFY(R)モジュール、SFH 7050A(左)とSFH 7060A(右)は、性能を向上したパッケージで、LEDとPDを完全に統合したオプティカルフロントエンドを提供します。
画像:ams OSRAMグループ



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000261559&id=bodyimage4





【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000261559&id=bodyimage5



配信元企業:ams OSRAM Group
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ






徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。