配信元:@Press

東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:野村 均、以下「東京建物」)は、2022年7月16日(土)より、東京建物京橋ビル1階のBAG-Brillia Art Gallery-(バッグ ブリリア アート ギャラリー)にて、展覧会「ART in MUSIC シティポップ・グラフィックス」を開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/315594/LL_img_315594_1.jpg
「シティポップ・グラフィックス」メインビジュアル

東京建物が2021年10月にオープンしたBAG-Brillia Art Gallery-は、「暮らしとアート」をテーマにした展覧会を企画・開催しています。今回の展覧会は「暮らしと音楽」を主題とし、シティポップを取り上げます。

シティポップは1970年代に日本で誕生した音楽ジャンルで、洋楽の影響を受けた洗練されたサウンド、都会の情景を描いた歌詞が特徴です。2010年代に入り、ネットコミュニティを通じてシティポップが海外で注目され、日本でも再び脚光を浴びています。そして、シティポップは音楽とともに、レコードジャケットを彩る、都会的でリゾート感溢れるグラフィックスにおいても、日本のアートシーンに大きな影響を与えました。

この展覧会では、シティポップを日本の文化遺産ととらえ、その歴史を飾る約300枚のレコードジャケットを展示します。「Ocean Breeze」「City Lights」「City Pop Color」といったテーマに合わせ、デザイン重視でセレクトしました。また、シティポップの象徴的なイメージを創った永井博氏とわたせせいぞう氏のジークレーアート作品を展示・販売します。
監修および会場BGM選曲はシティポップに造詣の深い栗本斉氏が担当しました。なお、アナログレコードのほか、画集やディスクガイドなど関連書籍、グッズの販売をBAGの展示スペースである「+2(プラスツー)」にて行います。


■展覧会について
【開催概要】
展覧会名 : ART in MUSIC シティポップ・グラフィックス
会期 : 2022年7月16日(土)~2022年8月14日(日)
会場 : BAG-Brillia Art Gallery-
〒104-0031 東京都中央区京橋3丁目6-18 東京建物京橋ビル
営業時間 : 11:00~19:00 (定休日:月曜日)
※祝日の7/18(月)は営業日(翌日振替休)
主催 : BAG-Brillia Art Gallery-
監修 : 栗本 斉(音楽ライター/
『「シティポップの基本」がこの100枚でわかる!』著者)
企画監修 : 公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団
企画制作 : 株式会社4TR/株式会社金羊社
特別協力 : 東京建物株式会社
協賛 : 株式会社ジェネレックジャパン、オークス株式会社
協力 : 金沢工業大学 PMC、Music Garden、FMCD Gallery Studio、
APPLE FARM、中央エフエムRadioCity(順不同)
運営 : 株式会社クオラス
公式サイト: https://www.brillia-art.com/bag/

【監修者プロフィール】
栗本斉(くりもと ひとし)
1970年生まれ、大阪出身。レコード会社勤務時代より音楽ライターとして執筆活動を開始。退社後は2年間中南米を放浪し、帰国後はフリーランスで雑誌やウェブでの執筆、ラジオや機内放送の構成選曲などを行う。開業直後のビルボードライブで約5年間ブッキングマネージャーを務めた後、再びフリーランスで活動。
著書に『ブエノスアイレス 雑貨と文化の旅手帖』(毎日コミュニケーションズ)、『アルゼンチン音楽手帖』(DU BOOKS)、共著に『Light Mellow 和モノ Special』(ラトルズ)など多数。最新刊は『「シティポップの基本」がこの100枚でわかる!』(星海社)。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/315594/LL_img_315594_2.jpg
栗本斉(くりもと ひとし)

【展示内容】
●展示スペース「+1」:City Pop Vinyl Exhibition (ビジュアルアートとしてのシティポップ)

・レコードジャケット330枚
大滝詠一、山下達郎、松任谷由実、大貫妙子、竹内まりや、杏里、松田聖子、
角松敏生、杉山清貴&オメガトライブほか

・シティポップのイメージを創ったクリエイター
永井博、鈴木英人、わたせせいぞうをはじめ、シティポップの都会的でリゾート感のあるイメージを手掛けたアートクリエイターたちのジャケットのコーナーを設置し、彼らの作品集を手に取ってご覧いただけます。

●展示スペース「+2」:City Pop Arts, Books, Records Shop

・ジークレーアート展
シティポップの象徴的なイメージを創った永井博氏とわたせせいぞう氏のジークレーアート作品を展示/販売

【Side A:前期 (7月16日(土)~7月31日(日))】
『Penguin & Co.』
永井博展 with 金安亮、遠藤舞、つのがい

【Side B:後期 (8月2日(火)~8月14日(日))】
『Seabreeze Kiss』
わたせせいぞう展

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/315594/LL_img_315594_3.jpg
Timegoesby…永井博作品集[復刊ドットコム]

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/315594/LL_img_315594_4.jpg
わたせせいぞう自選集ハートカクテル~サマーストーリーズ~[小学館クリエイティブ]

・レコードマーケット
日本有数のレコードショップが参加する、期間限定のシティポップ専門ポップアップショップ
HMV record shop[7月16日(土)~8月14日(日)]
GINZA RECORDS & AUDIO[7月16日(土)~26日(火)]
Yellow Pop Kawaguchi[7月27日(水)~8月5日(金)]
ADULT ORIENTED RECORDS[8月6日(土)~14日(日)]

・スーベニールショップ
関連書籍やアート展作家のグッズをはじめ、部屋に飾ったり、外出で身に着けたり、シティポップ感を演出するアイテムを販売


■BAG-Brillia Art Gallery-について
2021年10月に、東京都中央区京橋にオープンした、東京建物のアートギャラリー。「+1」「+2」という2つの展示スペースで構成されています。
東京建物は、建物の提供だけでなく、さまざまなサービスを通して豊かな暮らしを提案する“住まいのトータル・ブランド”としてマンションブランド「Brillia」を展開してきました。建物やデザイン、インテリア選びなどはクリエイティブな活動であることから、さまざまなアート作品には暮らしを豊かにするきっかけや可能性が秘められていると考えています。
オープン以来、4回の展覧会を開催しております。今後もBAG-Brillia Art Gallery-では、アートがもつ「空間を洗練させる力」に注目し、様々な視点から、日々の暮らしを彩る一つの体験となる企画を考案していきます。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/315594/LL_img_315594_5.jpg
BAG-Brillia Art Gallery- ロゴ


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。